• slidebg1
    beepシフト
    AIが1秒でシフトを決める
  • slidebg1
    beep人事
    人事評価をもっとシンプルに
  • slidebg1
    beepnowの
    ブロックチェーンの使い方

法人サービス

業務支援クラウド

beepシフト

AIが従業員のシフトを1秒で決める

これまではマネージャーが従業員から提出された出勤希望を組み合わせシフトを作成していました。beepシフトはこれらの回収をスマート化しAIがシフトを決定。マネージャーから煩雑な業務を解放します。

店舗間で従業員を共有、シェアできる

beepシフトには、従業員を他店舗間で共有できます。これの導入により従業員を地域で管理することが可能です。

beep人事

評価に不満を持つ従業員は全体の70%

自身の評価に不満を持つ従業員はおよそ70%と言われています。beep人事は目標設定から評価までを簡単に設定できる人事考課ツールです。

承認欲求を高め従業員のモチベーションUP

beep人事には従業員のモチベーションを高める複数の施策があり、従業員の定着率を向上させます。

コンサルティング

ブロックチェーン導入相談とOEM提供

数々の導入実績

beepnowでは、これまでブロックチェーンを活用したサービスを開発し事業化させた実績があります。また一部私たちのノウハウをOEMとして、法人への提供もおこなっています。ブロックチェーン導入をご検討の方は気軽にご連絡ください。

社内通貨(ポイント)の相談

beepシフト、beep人事には、社内通貨(ポイント)の制度があり、会社の福利厚生のツールとしてご利用いただけます。社員のモチベーションをあげる方法にも活用が可能ですので、社内通貨(ポイント)を導入をご検討の方はお気軽にご相談ください。

個人サービス

beepnowアプリ 〜Shear your skills〜

得意なことを販売して収入に

beepnowが提供する、beepシフトやbeep人事は、入社日、勤務時間、受賞歴、部署異動の記録などが、それぞれのブロックチェーンを介して、beepnowアプリに共有することができます。

企業の仕事を簡単お手伝い

この仕組みは、労働者のこれまで獲得した実績などをしっかりと努めた企業が記録をすることで、これまでの自筆での職務経歴書より高い信用力のあるデジタル職務経歴書として利用が可能です。

電子職務経歴書

ブロックチェーンで担保されたあなたの職歴

beepnowアプリを介して獲得したレビューや、仕事の実績は全てブロックチェーンに記録され、あなたの電子職務経歴書となります。

beepシフト、beep人事とデータ共有

また、beepシフトやbeep人事で記録された入社日、勤務時間、受賞歴、部署異動なども、beepnowアプリに共有でき、あなたの社会での職務経歴書となります。

アプリダウンロード

beepnow beta版をダウンロード

テクノロジー

私たちが提供するテクノロジーをご紹介します

ブロックチェーン

金融系ではない分野に特化したブロックチェーン

ブロックチェーンと聞けば、送金や取引所というイメージがあるほど、金融分野ではもうすでに利用が進んでおり、数々のプロダクトが作られました。

MITで取り上げられた実績

beepnowはブロックチェーンを「人の職歴」や「会社の取引歴」など、これまで積み重ねた信用を保存する用途に利用しています。ブロックチェーンの金融分野以外においての活用例は少なく、beepnowのブロックチェーン活用事例はMIT(マサチューセッツ工科大学)にも取り上げられ、世界からも注目されています。

人工知能(AI)

評価をスコアリング

beepnowは、人々の仕事ぶりを人工知能を活用し1,000点満点で得点化します。この得点は周りの人々から寄せられるコメントから自然言語処理を使い計算され、その人物の勤務態度からみえる人間性や精神性を得点化し定量的に評価が可能になります。

ブロックチェーンのデータを基に分析

人工知能が計算する勤怠や評価データはブロックチェーンに記録されているため、信憑性が高いスコアリングの提供が可能です。

経営陣

Alex Tsai / Co-Founder CEO

2003年 -大阪市立西高等学校英語科 卒業
2003年 -株式会社Nexyz入社
2005年 -ITCネットワーク(現コネクシオ)入社
2008年 -楽天株式会社入社
2014年 -ホテル、民泊運営会社を設立
2017年 -beepnowを創業

台湾生まれ、大阪育ち。2003年にNexyzに勤務。営業職としてYahooのADSL、スカイパーフェクトTV、日本テレコムのお得ラインの販売に従事。その後、ITCネットワーク(現コネクシオ)にて勤務。au、Docomo、Softbankの携帯電話販売に従事。

楽天株式会社に入社後は、広告枠の管理、楽天市場トップページ、楽天スーパーセールなどの数々の大型特集の制作を担当。自然言語処理を活用した購買ページの企画を手掛け、R∧Dチームチームリーダー、SHOP OF THE YEARプロジェクトリーダーを歴任する。検索方法に関する特許を共同取得。購買欲をあげるストーリーデザイン手法「エモーショナルページ」を考案し編成MVPを受賞。

民泊という言葉がまだない時代から大阪市新今宮地区で民泊事業を開始。創業から3ヶ月で10部屋、6ヶ月で30部屋、1年で280部屋まで拡大をする。その後、旅館業法を取得したホテル事業にも展開。2017年事業譲渡。

Naohiro Nishida / Co-Founder CFO

2008年 -明治大学政治経済学部経済学科 卒業
2008年 -野村證券株式会社入社
2012年 -富裕層向けコンサルティング会社を設立
2017年 -beepnowを創業

2004年に明治大学政治経済学部へ入学した。金融業に興味を持ち、在学中に単身でニューヨークへ留学、現地で本場の金融業界を肌で学ぶ。2008年に同大学を卒業後、野村證券株式会社に就職。ウエルスマネジメント部門にて超富裕層の資産アドバイザリーを5年間務める。その後、多くの顧客からの後押しもあり、学生時代から抱いていた起業という目標を果たすべく独立。プライベートアドバイザリー事業をスタートし、シンガポール、日本、アメリカを拠点に活躍。国内外のプライベートバンクとも太いパイプを持つ。中小企業オーナーの資産形成をサポートし、総取引額は約100億円以上に及ぶ。

その知識と経験を生かし、企業を支える産業用AIシステム、及びブロックチェーンシステムの開発、マネジメントをスタート。中小企業経営者の資産形成をサポートしながら、企業の利益の最大化を図るため、AIの開発にも乗り出した。beepnow, Inc.のCo-Founder兼CFOを担当。beepnowグループの金融戦略を担当し、会社成長のスピードアップの要を担う。

顧問

Satoshi Sekine / 国立研究開発法人理化学研究所 AIPチーム チームリーダー

1983年 -東京都立新宿高等学校卒業
1987年 -東京工業大学応用物理学科を卒業
1992年 -マンチェスター工科大学 (UMIST) で修士号を取得
1998年 -ニューヨーク大学より博士号を取得
1998年 -ニューヨーク大学研究助教授に就任
2007年 -ニューヨーク大学研究准教授に就任
2010年 -楽天技術研究所ニューヨーク所長に就任

アメリカ在住の日本の情報科学者。ニューヨーク大学研究准教授。アメリカ国立科学財団 (NSF) の「オンデマンド情報抽出」プロジェクトのリーダー。日本で、言語処理に関するコンサルタント会社のランゲージ・クラフト研究所を運営している。

2010年6月から楽天技術研究所ニューヨークの所長、2011年4月から楽天技術研究所東京副所長、楽天(株)技術理事も兼任していた。2014年10月に楽天を退職。

現在は理化学研究所 言語情報アクセス技術チーム チームリーダーとして「自分の判断を説明できる人工知能の開発研究をしている。

山並 憲司 / 元楽天株式会社執行役員

1995年 -東京大学電子工学科卒業
1997年 -東京大学 大学院 工学系研究科(電子工学)修士
1997年 -経済産業省 入省
2004年 -M.I.T. Sloan School, Management of Technology 修士
2005年 -Duke University, Law School 修士
2006年 -McKinsey & Company 入社
2009年 -楽天株式会社 入社 (2011年より米国在住)
2015年 -Caparoom Inc.及びAcyapa Inc. を起業(現任)

1997年 東京大学 大学院 工学系研究科(電子工学)を修了後、同年に理系出身の事務官として経済産業省に入省。入省後は、主に、IT産業、科学技術、知的財産、ハイテク産業の分野に従事する。プライバシーマークを創設するなど、多数の新制度の企画・運用に従事。産業技術総合研究所の設立やNEDOのファインディング改革に携わり、様々な技術開発にも関わってきた。

経済産業省に在職中、M.I.T. Sloan School、Duke Law Schoolに留学し、修士号を取得。2006年、Mckinsey & Companyに入社し、ハイテク産業を中心に戦略策定、M&A、オペレーション改善等のプロジェクトで実績を積む。2009年より、楽天株式会社の執行役員として、日本でクロスボーダーやアフィリエイト・マーケティングの責任者として、楽天市場の事業の拡大に貢献。立ち上げたクロスボーダー・ショッピングは年間300億円超の売上に成長。

2011年より、楽天の本格的なグローバル展開に伴い、Rakuten.comを担当し、米国でのポイントマーケティングの導入、売場の再整備、リブランディング等のオペレーション部分を幅広く手掛ける。2013年からは、Rakuten U.S.Aの戦略担当として、買収・PMIを手掛け、戦略に基づく買収により、楽天の米国事業が 黒字に転換。

金融庁や証券取引等監視委員会での講演など、講演経験も多数。最先端のIT技術を組み合わせた事業開発や、策定、ビジネスモデル改革を得意とし、ビジネス面と技術面に精通した現実的なソリューション作り・事業の立ち上げを行う。

黒坂三重 / 元楽天株式会社執行役員

1994年 -マクロメディア株式会社入社
1999年 -ワイノット株式会社入社
2001年 -ワイノット株式会社 代表取締役社長に就任
2002年 -楽天株式会社入社
2003年 -執行役員に就任

1994年11月米国マクロメディア社100%出資のマクロメディア株式会社設立と同時に入社。日本法人設立からマーケティング及びPRマネージャを兼務し、日本国内におけるマクロメディア製品全般のプロモーションを手がけ、マルチメディア及びインターネット業界におけるデファクトスタンダードとして認知させた。

1999 年9月 米国Whynot Creations社100%出資のワイノット株式会社設立と同時に入社。2001年4月同社代表取締役社長に就任。2002年9月ワイノット株式会社子会社化と同時に楽天株式会社入社。2003年執行役員就任。

曽根 秀晶 / ランサーズ株式会社 取締役 執行役員

2007年よりマッキンゼー・アンド・カンパニーにてコンサルタント、2010年より楽天株式会にて海外を含むグループ全体の経営戦略・経営企画をリード。2015年2月にランサーズに参画、同年11月より取締役CSO/CFOに就任。経営戦略の立案、M&A・アライアンス・新規事業の推進を担当。

足立 和久 / 元ランサーズ株式会社取締役COO

ランサーズ社では事業開発、事業戦略の立案・推進を担当。

ランサーズ参画以前は、2005年より楽天株式会社において「楽天市場」に参画するEC企業支援、事業戦略、福岡支社の立ち上げに携わる。2012年より、グリー株式会社のマーケティング事業本部で事業開発室長とデベロッパーリレーションズ部長を兼任し、資本業務提携等を推進。

beepnowでは、シェアリングエコノミーのビジネス戦略のサポート、プラットフォーム運営におけるノウハウの提供などをおこなう。

会社案内

会社名 beepnow Inc,.
代表者 Alex Tsai
住所 12655 W Jefferson Blvd, Los Angeles, CA 90066 USA
連絡先 [email protected]
資本金 5,000,000 USD
関連会社 beepnow systems 株式会社(子会社)
事業内容 ブロックチェーン技術を利用した企業向けSaaSの販売、OEM提供。ライセンス提供