• slidebg1
    beepシフト
    AIが1秒でシフトを決める
  • slidebg1
    beep人事
    人事評価をもっとシンプルに
  • slidebg1
    beepnowの
    ブロックチェーンの使い方

beepシフト

beepシフトの特徴

1、AIが従業員のシフトを1秒で決める

これまではマネージャーが従業員から提出された出勤希望を組み合わせシフトを作成していました。beepシフトはこれらの回収をスマート化しAIがシフトを決定。マネージャーから煩雑な業務を解放します。

2、店舗間で従業員を共有、シェアできる

beepシフトには、従業員を他店舗間で共有できます。これの導入により従業員を地域で管理することが可能です。

3、スタッフのモチベーションを上げる

beepシフトには、福利厚生として社内通貨(ポイント)を簡単に設定、導入が可能です。

AIがシフト作成業務を全自動で代行

従業員の管理コストを大幅に削減

beepシフトは、従業員シフトを作成する際にかかる労力(希望シフトの回収、シフトの作成、欠勤の調整)を人工知能が全自動で代行します。

PCで全スタッフを管理

シフト提出の遅れと連絡手段が多い

店舗運運営者は従業員との連絡方法が、メールやチャット、電話などを使い連絡を取り合い、方法が統一されていません。そのため、シフト作成時の情報管理が複雑になり、業務を圧迫しています。また従業員の希望シフトの回収遅れも業務を煩雑化させる要因の一つです。従業員の相性も考慮に入れなければなりません。

従業員の急な休みへの対応

シフトを作成後にスタッフの急な休みの連絡が入ったり、シフトの変更依頼があったりする場合、店舗運営者はその対応に追われます。また人員が足りない場合は、他店舗へのヘルプ要請もしないといけません。

従業員は専用アプリで連絡

現場の状況把握、指示、労働環境の構築

店舗運営者は、臨機応変に現場を把握し従業員に指示を出さなくてはいけません。また、従業員が働きやすい環境づくりも店舗運営者の本来の仕事です。

お客様満足度の向上

何よりも大切な仕事は、お客様の満足度を向上させるための、新しい施策や販促活動を企画し、よりお客様が来店してもらえるようにすることです。

オプション

従業員の他店舗への共有

地域で人材を流動的に活用

人材不足のリスクを回避

beepシフトには、従業員を他店舗間で共有するオプションがあり、これの導入により、人材を地域で管理することが可能になります。店舗は人材不足のリスクを避けられ、従業員は働く機会が増え離職を防止できます。

離職率を低下させる

従来であれば従業員は一つの店舗でしか働けなかったところ、複数の店舗で就労が可能になるため働く機会が増加します。そのため従業員の離職率が下がり、採用コストも削減が可能です。

社内通貨(ポイント)の発行

従業員モチベーションを上げる

目標達成に応じてポイントを付与

福利厚生として従業員に社内通貨(ポイント)を付与できます。
例えば、勤務時間100時間を超えたスタッフに100ポイント。勤務時間が200時間を超えたら200ポイントを付与し、貴社の商品やコンビニで利用できるようにするなどのインセンティブにすることで、スタッフのモチベーション向上につながります。

beepayの併用でポイントを還流

弊社提供の決済サービスbeepayを貴社のレジに導入することで、従業員は付与された社内通貨(ポイント)を貴社の商品購入に利用するようになります。

勤務時間をbeepnowアプリに共有

データ連携

従業員のモチベーションが上がる

従業員が持つ勤務記録をbeepnow APPと連携することで、従業員の転職時の履歴書として活用が可能です。

会社にとっても生産性が向上する

会社が従業員の職歴や成果をブロックチェーンで記録することにより、少しでも会社に認めてもらおうと従業員は努力するようになります。会社にとっても生産性が向上します。

店舗運営者の課題と悩み

毎日が忙しい

勤務シフト作成に多大な労力を費やしている

シフト提出の遅れと連絡手段が多い

店舗運運営者は従業員との連絡方法が、メールやチャット、電話などを使い連絡を取り合い、方法が統一されていません。そのため、シフト作成時の情報管理が複雑になり、業務を圧迫しています。また従業員の希望シフトの回収遅れも業務を煩雑化させる要因の一つです。従業員の相性も考慮に入れなければなりません。

従業員の急な休みへの対応

シフトを作成後にスタッフの急な休みの連絡が入ったり、シフトの変更依頼があったりする場合、店舗運営者はその対応に追われます。また人員が足りない場合は、他店舗へのヘルプ要請もしないといけません。

店舗運営者の本来の仕事とは

現場の状況把握、指示、労働環境の構築

店舗運営者は、臨機応変に現場を把握し従業員に指示を出さなくてはいけません。また、従業員が働きやすい環境づくりも店舗運営者の本来の仕事です。

お客様満足度の向上

何よりも大切な仕事は、お客様の満足度を向上させるための、新しい施策や販促活動を企画し、よりお客様が来店してもらえるようにすることです。

費用対効果

beepシフトの優位性

年間のシフト作成コスト

20名規模の店、100店舗の場合

1店舗に20名の従業員、それが100店舗規模ある法人の場合、従業員のシフト作成にかかるコストは、年間約3,060万円にのぼります。これは、店舗運営者が1日30分間シフト作成に時間を費やし30日勤務した場合、月15時間かかります。

店舗運営者の時給を1,700円としたとき、15時間のコストは、15時間 x 1,700円 = 25,500円となります。これを年間になおすと、1店舗あたり306,000円となります。

100店舗ですから、その100倍の3,060万円がコストとなります。このように、少しの時間の積み重ねがコスト上昇の要因となっています。

beepシフトに置き換えた場合

20名規模の店の場合、beepシフトの利用料は月間6,000円、年間72,000円です。100店舗の場合、年間利用料は720万円となります。beepシフト導入による想定できる費用対効果は、3,060万円 - 720万円 =2,340万円のコスト削減となります。

競合サービス比較表

beepシフト AiSHIFT SHIFTEE
AI自動シフト作成
シフト提出
欠勤シフト調整
他店舗人員共有 - -
他社店舗人員共有 - -
社内通貨(ポイント) - -
ブロックチェーン - -
履歴書共有 - -

月額利用料

利用料は各拠点ごとに計算をいたします。
(計算例)
2拠点を運営する法人で、拠点Aの従業員が7人、拠点Bの従業員が18人の場合。
拠点A:3,000円
拠点B:3,000円 + 8人 x 300円 = 5,400円

利用人数 価格
10人以下 3,000円(税抜)
11人以上から1人あたり 300円(税抜)加算
他店舗人材共有オプション 1,000円(税抜)

3ヶ月無料

全ての機能を3ヶ月無料で試用いただけます

事前申し込みで3ヶ月無料をゲットしよう!
現在問い合わせを多数いただいておりますのでお早目に事前申し込みをお済ませください。定員に達した時点で終了いたします。

従業員数: