ブロックチェーンでオレンジジュースの品質保証 -オランダ小売大手「Albert Heijn」

ブロックチェーン技術で「オレンジジュース」の品質を保証する新しい情報管理システムが導入されようとしています。オランダの大手スーパーマーケットチェーンである「Albert Heijn(アルバート・ハイン)」は、商品の生産工程に透明性をもたらし、消費者が簡単な方法でその内容を確認することができる新しいサービスの影響に向けた取り組みを開始しています。

 

ブロックチェーンで生産工程に透明性

オランダのザーンダムに本社を置く大手スーパーマーケットチェーンである「Albert Heijn」は、オレンジジュースの生産工程に透明性を追求する為にブロックチェーン技術を導入する事を計画しています。

アルバート・ハインは、同社製品の生産者である「Refresco(レフレスコ)」と協力してブロックチェーン技術を使った新しい情報管理システムを構築しており、「独自ブランド製品の生産者」や「店頭に並ぶまでに辿った全てのルート」などの商品の流通に関係する様々な情報を簡単に確認することを可能にするサービスの提供を目指しています。

 

 

QRコードで情報確認

これらの情報は製品の箱にプリントされている「QRコード」をスキャンすることで確認することができます。これによって、オレンジジュースがブラジルからオランダに届くまでの全ての情報を確認することができるため、顧客も製品の品質が安心であるかどうかを確認することができ、企業側も低コストで効率的に商品を管理することが可能になります。

QRコードに記録されたデータの中には、商品の品質を確認するための情報の他に様々な農作物の生産者によって評価が行われた「商品の格付け」に関する情報も記録されており、果物の収穫時期や甘み密度などの詳しい情報なども記録されています。

またこのサービスを利用する顧客は、専用のオプション機能を利用して生産者に「チップ」を送ることもできると説明されています。

 

野菜の安全性を保証する「ブロックチェーン技術」

つい先日にはアメリカの大手スーパーマーケットチェーンである「Walmart」が、店頭で販売するレタスの衛生管理にブロックチェーン技術を利用していく計画を発表しました。

小売業の世界では非常に多くの人々や企業が関わることになるため、それらの工程をいかに安全に管理するかが重要な課題のひとつとなっています。

ブロックチェーンの技術はそのような問題を効率的に解決し、低いコストで素晴らしい管理システムを導入することを可能にします。

すでに数多くの大手企業によって多くの利点が証明されているこれらの技術は、続々と世界中の店舗や企業で取り入れられています。

beepnow team

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です