ブロックチェーンでヘルスケア業界のコスト削減へ

医療健康保険サービスなどを提供している米国企業「Aetna(エトナ)」をはじめとするいくつかの保険会社は「IBM」と提携を結び、ヘルスケア業界のコスト削減を目的としたブロックチェーンネットワークを構築することを発表されました。

健康、医療保険業界の「データ共有ネットワーク」

世界中で3,900万人以上の顧客にサービスを提供している医療保険会社「Aetna(エトナ)」、ヘルスプランプロバイダーの「Anthem(アンセム)」、アメリカ最大規模の顧客数を有する健康保険プロバイダー「Health Care Service Corp」、そして金融サービス会社である「PNC Bank」は、”保険金の請求・支払いの処理”や”ディレクトリの管理”のためにブロックチェーンを活用し、コンピュータネットワーク上でデータベースを共有する予定であると発表されました。

ブロックチェーンを活用することによって、機密データの共有方法を改善し、取引をより効率的に行うことができるようになります。

「PNC Bank」の財務管理部門で幹部を務めているChris Ward(クリス・ウォード)氏は『ブロックチェーン技術を使用することによって業界を悩ませ続けている摩擦、重複、管理コストなどの問題を解決することができる』と説明されています。

また「IBM Watson Health」の支払い担当ゼネラルマネジャーであるBarbara Hayes(バーバラ・ヘイズ)氏は『ヘルスケア業界で競合する大手企業が参加するこのプロジェクトは非常に重要なものである』と述べています。

発表によれば、今後数カ月の間でテック企業やヘルスケアプロバイダーなどから新しい会員がこのプロジェクトに参加される予定です。

医療業界でもブロックチェーン活用

ブロックチェーンは医療業界で活用が進まれています。

国連薬物犯罪事務所(UNODC)は東アフリカの医療サービスを発展させるために、ブロックチェーンを活用した遠隔医療や遠隔心理療法を提供している「Doc.com」との提携を発表されています。

また、韓国最大の病院の1つである「明知病院」は、機械学習プラットフォームを提供しているIT企業「BICube」と協力してブロックチェーンをベースとした「医療情報共有プラットフォーム」を開発されています。

医療業界でのブロックチェーン活用の次に、今後は医療保険会社でもブロックチェーン技術の導入が加速していくことが予想できます。これらの業界では治療を受けている患者の膨大なデータを管理し共有する必要があるためブロックチェーンとても役立つと考えられます。

beepnow team

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です