ブロックチェーンで流通過程に透明性を|「珈琲の製品情報」を共有

ウガンダのコーヒー生産・販売会社である「CaricoCaféConnoisseur」は、コーヒーの生産や出荷などに関する情報を正確に記録し、消費者の人々が追跡・共有できるためにブロックチェーン技術を活用されています。

ウガンダのコーヒーブランドである「CaricoCaféConnoisseur」は、自社製品の生産・流通過程に透明性をもたらすためにブロックチェーン技術を使用することを決定されました。これは顧客からの新たな要望を満たすために決定されたことだと述べれれています。

CaricoCaféConnoisseurによると、消費者の人々は「自分たちが消費する製品に関する情報をより詳しく知りたい」と考えている人々が多く”製品情報を追跡することができる商品や食べ物であれば、今まで以上に多くのお金を払っても構わない”と感じていると述べられています。

「CaricoCaféConnoisseur」はこのような要望に応えるために、ブロックチェーン技術を用いてコーヒーの植え付けから収穫、出荷、そして店舗に届くまでの情報を記録し、それらの情報を消費者の人々と共有しています。ブロックチェーン上で情報管理を行うことによって、データ改ざんの可能性を限りなく抑え、透明性をもたらすことができます。

この「ブロックチェーン認証システム」を採用している製品の購入者は、スマートフォンでコーヒー製品のパッケージにプリントされている「QRコード」をスキャンすることで、製品の履歴を簡単に確認することが可能になります。

同社のCEOであるMwambu Wanendeya氏は、国内初のブロックチェーン認証製品である「Bugisu Blue」が昨年12月に南アフリカで販売されたことを報告されています。

ウガンダはコーヒーの生産量で世界トップ10に入るほどのコーヒー輸出国であり、高品質なコーヒー豆を生産していることでも有名です。ブロックチェーン技術で生産・流通情報に透明性をもたらすことで「CaricoCaféConnoisseur」のコーヒー豆は、より多くの人々に愛されることでしょう。。

beepnow team

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です