ブロックチェーン関連の求人募集がアメリカで急増

Blockchain(ブロックチェーン)やCryptocurrency(仮想通貨)に関連する技術者の求人がアメリカで急増しています。リクルートサイト「Glassdoor(グラスドア)」が公開した調査報告書によると、大手企業が暗号化技術が扱える専門家を求めていることが表されています。

 

ブロックチェーン関連求人  人気都市や業種を調査

アメリカの求人サイトであるGlassdoorが2018年10月18日に公開した調査報告書によると、blockchainや仮想通貨関連の求人募集が急増していることが書かれています。

Glassdoorは、blockchain、bitcoin、仮想通貨などの言葉が入ったアメリカにおける求人情報の調査を行い、詳しい分析をされています。

この調査では情報が正確であるためにブロックチェーン関連の言葉がキーワードとして使用されており、第三者の求人企業による募集は除外されています。

公開された報告書によると、アメリカのブロックチェーン関連の求人件数は2018年8月の時点で1775件と報告されています。去年の求人件数である446件と比較すると約300%も求人件数が増えていることわわかりました。

 

求人トップはソフトウェアエンジニア

就業率が最も高いのは、ニューヨークとサンフランシスコを含む15都市に集中しており、求人広告全体の24%と21%を占めています。その他の地域としては、サンノゼ6%、シカゴ5%、シアトル4%となています。

全体の19%を占めているのはソフトウェアエンジニアであり求人の多くはエンジニア、技術者、科学者となっています。その一方で、プロダクトマネージャー、リスクアナリスト、マーケティングマネージャーなどの求人が少ないこともわかっており、トレーダーや投資アナリストなどに関しては上位15位に含まれていませんでした。

基本給は約1,000万円 

Glassdoorが公開して報告書の中で、ブロックチェーン関連の職業における基本給のデータも公開されています。

このデータによると、これらの分野における基本給の平均が年間84,884ドル(約955万円)となっており、アメリカの年間平均給与額は52,461ドル(約590万円)と報告されているため高額な給料と見てわかります。高額な給料設定の理由の多くは沢山の企業がブロックチェーンのような最先端技術のスキルを身につけている人々を必要としていることがわかります。

最近では、ブロックチェーン関連の技術者を育てるために、大学などでの授業でも積極的に取り入れられています。現在の仮想通貨業界では多くの著名人たちが新しい技術者を育てることがこれから重要になると語っています。

今後はブロックチェーン関連の技術者の需要はさらに高まり、求人数もさらに増加していくことが予想されます。

beepnow team

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です