世界初!オックスフォード大学教授によるブロックチェーン活用の大学「Woolf」設立へ

大学で発生する問題をブロックチェーンで解決!!

 

「Woolf」では大学を運営する上で発生する問題をブロックチェーンの活用で解決し、効率の良い運営を目指す。

スマートコントラクトやブロックチェーンを活用した大学内の事務作業や学生の履修登録を行うとされています。

さらに授業料など大学内で発生する支払いを独自トークン「Woolf」を利用するといった計画があると言われています。

Woolf」は2018年秋にアンブローズ校が開校予定です。

マサチューセッツ工科大学Massachusetts Institute of Technology)がブロックチェーン上で卒業証書の授与を行なったり、ブロックチェーン課程を設置する海外の大学が増加してきています。

しかし、大学運営でスマートコントラクトやトークンといったブロックチェーンシステムを活用する大学はオックスフォード大学(University of Oxford)が世界初とされています。

beepnow team

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です