富士通が台湾のファミリーマートでブロックチェーンの実証実験

富士通株式会社は、デジタル技術を活用した店舗づくりに向け、台湾のファミリーマートでブロックチェーン技術を利用したクーポンの配布や来客対応ロボットの導入などの実証実験を開始しました。

 

ブロックチェーン技術で未来型店舗の実現へ

富士通は、台湾で3,000店舗以上のファミリーマートを運営する全家便利商店や現地ベンチャー企業と提携しました。台北市内のファミリーマート重慶店でロボットやブロックチェーンなどのデジタル技術を活用して、店舗への集客向上および店員の業務負荷軽減に向けた実証実験を3月29日から開始しています。

富士通と台湾富士通は、コミュニケーションロボット「ロボピン」を活用した店舗案内、可視光通信を利用したコンテンツ配信サービス「FlowSign Light」や映像通信ソリューション「FlowSign Video」によって新たな顧客体験を提供します。

 

富士通のブロックチェーン技術で、のちにクーポンに交換できるスタンプの取得履歴やクーポンの利用履歴といった顧客情報の管理に利用されます。

個人のスタンプ台帳改ざん防止などのセキュリティ面のほか、ユーザー間のスタンプ交換など、他者との連携の部分でブロックチェーンの利点を活用されます。

beepnow team

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です