日本政府がブロックチェーン活用へ!アニメやゲームなどのコピー品対策

 

日本国内のアニメやゲームは国外からも注目を集めていますが、未だにコピー品が蔓延しており、コンテンツの売上に悪影響を与えています。

コンテンツ管理にブロックチェーンを活用することで、コンテンツの権利の契約条件などが設定可能で権利の不正利用の防止につながるため、コピー品が無くなる事を期待できます。

さらに世界中のユーザーが権利を活用して2次作品を創作したり、キャラクターなどを活用して商品やサービスを創出することも可能になります。

ユーザーの創作活動も支援していくとしています。

政府はシステムの実証事業を、2019年度から着手するとのことです。

beepnow team

3件のコメント

  1. Hi tһere! I know this is kinda off topic but I was
    wonderіng if you knew where I could fijnd a caⲣtccha
    ρlսgin ffor mmy comment form? I’m using the same blog plɑtform ɑѕ yours and I’m aving problems finding one?
    Thanks a ⅼot!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です