茨城県つくば市は7月31日にブロックチェーンとマイナンバーカードを活用したネット投票を実施すると発表しました。

国内初の試みとなるマイナンバーカードによるネット投票は、つくば市が支援をするIoT、AI、ビッグデータ解析など最新技術を活用した市内でのトライアル(実証実験)にエントリーをする企画提案の最終審査に導入されるもので、つくば市民以外の人も投票ができる。

また、新たなサービスを実現する有望な技術の一つとして注目されているブロックチェーン技術を活用し、投票内容の改ざん防止や秘匿性を確保し、適正かつ効率的な投票の実現を図ります。

ブロックチェーンとマイナンバーカードを使ったネット投票について

投票対象

つくばSociety 5.0社会実装トライアル支援事業最終審査案件

本投票

【投票日時】2018年8月28日(火曜日)10時から16時

【投票場所】つくばカピオホール

期日前投票

【投票日時】2018年8月20日(月曜日)から8月24日(金曜日)9時から17時 ※木曜日のみ20時まで延長

【投票場所】つくば市役所本庁舎1階

有権者資格

マイナンバーカード(署名用パスワード付)を持つ方 ※つくば市民の方以外も対象です

beepnow team

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です