Forbes×Civil ブロックチェーンによる「コンテンツ管理」

ブロックチェーン技術を活用ことによって「信頼できるニュースメディア」を実現し、新しい収益モデルを作ることができると注目されているBlockchain企業「Civil(シビル)」が、大手経済誌である「Forbes(フォーブス)」と提携を結んだことがわかりました。

ブロックチェーンで透明性の高いコンテンツ提供へ

世界的に有名な経済雑誌であるForbesは、ブロックチェーンベースのメディアへと進化を遂げようとしています。

Forbesは現在、ブロックチェーン技術を活用した「分散型ジャーナリズムプラットフォーム」として知られている「Civil」のプラットフォームにコンテンツを移行していると伝えられています。

Civilの共同設立者であるMatt Coolidge(マット・クーリッジ)氏は、10月9日に更新されたブログ記事の中で『Forbesは正式にCivilネットワークに参加している』と述べました。

Forbesは今回の提携の一環として、プラットフォーム上の既存のコンテンツを安全に保存するための領域に移動し、新しい読者の参加方法を探求していくとされています。

Forbesの製品・技術担当上級副社長であるサラ・ザラティモ(Salah Zalatimo)氏は、「ジャーナリズム産業が今後どのように変化していくかを見るだけなく、より視聴者を引きつける方法を見つけるために実験と実施に集中している」と述べています。

コンテンツは2019年公開予定

Forbesは、記事のデータをブロックチェーンプラットフォームに公開する実験を来年から開始すると予定しています。

この実験が成功した場合、フォーブスはすべての記事のメタデータを「Civil」のプラットフォームで公開する方向に移行するだろうと言われています。

フォーブスのライターや編集者は、コンテンツ管理システムに統合されたツールを利用することによって、著者の個人情報やソースに関する情報をプラットフォームに追加するプロセスを効率化することができ、記事に関連する情報がブロックチェーンに記録されたコンテンツは、記事の隣に「Civilのバッジ」が表示される予定になっています。

またForbesは、プロジェクトに何らかの貢献をしてくれる人が「コンテンツ管理システム」を介してForbesやCivil、Mediumに作品を公開できるように、スマートコントラクトを使用していくことも検討している可能性があるとも報じられています。

これまでは収益性の問題などによって、コンテンツの質や情報の正確性などといった様々な問題が生まれていたメディア業界を大きく変える可能性を秘めている「Civil」のプロジェクトには今後も注目が集まります。

またForbesと言えばロシアフォーブスは同じような試みとして、PUBLIQと提携すると言う噂もある。こちらもブロックチェーン技術を利用したメディアプラットフォームで、既に北ドイツ放送が制作し、ARDの加盟局で放送されているドイツの国民的ニュース番組「Tagesschau (ターゲスシャウ) 」などがテストに参加しています。

beepnow team

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です