Googleがブロックチェーン領域に本格的に参入

Googleは業界を揺るがす動きをすることで知られている大手企業が、急速に成長するブロックチェーン業界への参入を決定しました。

将来的な業界の覇権を狙うGoogleにとって、すでに業界へ参入していたIBMやAmazon、マイクロソフトといった企業との衝突はもはや避けられそうにない状況にあります。

ブロックチェーンにおいては「信頼はするが確かめる」というのが基本的な考え方の根底にあるが、今日においては、仮想通貨の熱狂的な支持者たちからは信頼そのものを不要とする仕組みの実装が望まれる状況です。

こういった人々はこれまでの金融市場の崩壊や政府による法定通貨の信頼低下などといった事態を目にしている。

Googleは2000年代において最も成長した企業の一つだが、一方でブロックチェーンや仮想通貨、DLTなどの技術はここ10年で急激な成長を見せています。

そういった中でGoogleがブロックチェーン関連のサービスを伸ばすには、以下に挙げるようないくつかの要素が必要になっていきます。

・事業者にとってのルールを明確にする規制枠組み

・継続的な成長機会をもたらすためのブロックチェーン技術の幅広い市場への適応

・ブロックチェーンによってもたらされる恩恵をよく表したサービス成功例

・既存金融市場、ならびにそれ以外の市場からのさらなる資本流入

beepnow team

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です