LINE、独自ブロックチェーンで「LINK Point」と「LINK」の2つのコインを発行

LINEは2018年8月31日、独自開発のブロックチェーンを用いたコインを国内外で発行すると発表しました。発行したコインを利用し、自社・他社サービスを利用できる「LINKエコシステム」を構築する考えです。

日本向けには、LINEポイントと交換できる「LINK Point」を発行されます。

同社が独自開発したブロックチェーンネットワーク「LINK Chain」を基盤に、日本向けの「LINK Point」と、海外向けの「LINK」という2つのコインを発行されます。

LINK Chain上で展開される分散型サービス(dApps)の利用などに使えるようになります。

 

2つのコインとも、LINEの既存サービス上でのアクション内容や貢献度に応じたインセンティブとして付与する計画です。

LINK Pointは、LINE上で1ポイント=1円として使え、「LINEポイント」と交換できるようにし、LINEサービス上でのユーザー行動を促す考えです。 発行時期はまだ未定です。

一方、LINKは、LINEが日米以外の居住者のみに提供している仮想通貨交換サービス「BITBOX」ユーザーにも9月4日から無償配布されます。LINKはBITBOXに上場させ、他の仮想通貨との交換も可能にする計画です。

 

2つのコインとも、LINEグループでBITBOXを運営しているLINE Tech Plus(シンガポール)が発行されます。LINK Pointは公開時点で不特定相手との流通手段を用意せず、「日本の資金決済法で定める仮想通貨には当たらない」ものとして運用されます。

beepnow team

5件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です